ABOUT

History

We just love roast chicken!

クリスマスにローストチキンを食べることの始まりは、1860年代からのアメリカの開拓時代まで遡ります。ヨーロッパからアメリカに移住してきた移民が食糧難で厳しい冬を越せず困っていたところ、先住民のインディアンが七面鳥をはじめ、様々な食材を贈ったそうです。移民たちはそのおかげで、飢えをしのぎ苦難を乗り越えることができたことから、新大陸での生活の発展をお祝いする際に七面鳥の料理を並べました。これが、感謝祭の原型となり、現在では感謝祭やクリスマスなど大勢の人が集まる行事で七面鳥のローストが食べられるようになっています。

日本では、明治時代以降にクリスマスがイベントとして浸透したと言われており、日本独自の文化に発展していきました。本来、クリスマスはキリストの生誕を祝う行事ですが、日本ではイベントとして楽しむ要素が強いのが特徴です。また、日本でもチキンを食べる習慣がありますが、七面鳥は入手しにくいため、鶏肉を使用するのが一般的で、1匹丸ごと調理するよりも、骨付きのもも肉を調理して食べることが多くなっています。

AdobeStock_436423070.jpeg

​当店のこだわり

It's what's on the inside that counts

鶏肉は、ハーブ鶏を使用。その名のとおり、ハーブを食べて育った鶏のことです。 生まれた時から飼料の内容をかえ植物性タンパク質を使用し、仕上げ飼料にハーブを加えオレガノ・ジンジャーなどの天然ハーブやビタミンEを配合しています。 ハーブを用いて脂肪の酸化を抑えることで、鶏肉が持つ独特の臭みを緩和し、癖のない身質と自然な鶏肉の旨みを生み出すのです。保水性・低カロリー低脂肪等の効果のあるおいしく安全・安心な鶏肉です。

お米は、佐賀県産ヒノヒカリ100%!

ミネラルを多く含む佐賀平野の恵まれた自然環境で育った「ヒノヒカリ」は、「コシヒカリ」と「黄金晴」とを親にもち、「色つや・うま味・粘り」三拍子そろった優良米です。

AdobeStock_320828297.jpeg
AdobeStock_244822565.jpeg

ご堪能ください

Eat our roast chicken!

厳選した鹿児島県産の​ハーブ鶏のお雛を使用し、秘伝の蜂蜜醤油に2日間漬け込みます。

骨付きのチキンを丸ごと1羽、ユーロ式回転ロースターのオーブン内でゆっくりと回転させながら1時間じっくり時間をかけて低温で均一に何度も秘伝のタレに潜らせながらロースト(あぶり焼き)します。余分な油を落としながら時間をかけて丹念に焼くことで「皮はパリっと、中はジューシー」なローストチキン特有の最高の食感に仕上げます。

蜂蜜醤油がしっかり染み渡り、ふわっと甘みが口に広がり、癖になる味付けが実現できました。老若男女お楽しみいただけるお味ですので家族の食卓の"一品"におすすめです。